誰でも簡単!体幹トレーニング

まずはインナーマッスルを鍛えよう!

体幹のトレーニングは、スポーツだけでなく、ダイエットや腰痛予防に重要なトレーニングであるとされています。
まず基本となるのが、腹筋の中でも奥のほうにある「インナーマッスル」のトレーニングです。腹圧を高め、手足が動きやすいように土台を作るトレーニングですが、まずは「腹式呼吸」の練習から始めます。仰向けになってヒザを立て、指を股関節のやや上にある、骨の出っ張ったところに当てましょう。この上前腸骨棘という骨のやや内側に指をずらして、準備はOK。息を吸ったときにおなかを膨らませ、吐いた時にぐーっとおなかを限界までへこませていきます。へこませたとき、指のところに筋肉の固くなる感じが伝わってきたら、成功です。この感覚がわからないと、インナーマッスルを使えていないことになるので、まずはこの基本を身につけるところから始めましょう!
この腹式呼吸がそのまま「ドローイン」というトレーニングの基礎となります。様々な腹筋トレーニングがありますが、何をするときもドローインした状態で行うと効果的です。

体幹を鍛えるとなにが良い?

ぽっこりおなかの改善や腰痛の予防に体幹トレーニングを!と言われるようになってきましたが、体幹を鍛えると何がどうなって役に立つのか?単純に筋肉が引き締まって見栄えが良いだけでなく、様々な効果があるのです。
インナーマッスルは体の奥にあり、軸を作ってくれる筋肉です。ここの活動が悪いと、体を支える背骨もグラグラと動きやすくなり、おなかをぽっこりさせてしまう腰を反った姿勢になりますし、腰を反ったままでいることで同じところにだけ多く負担がかかり腰痛が生じやすくなります。インナーマッスルを鍛えるとグラグラせず、自然と良い姿勢を作ることができるため、引き締まって見えるだけでなく腰痛の予防にも役立ちます。
また、年齢を重ねていくと尿もれなども気になってきますね。ドローイントレーニングでお尻の穴を引き締めることも意識してみましょう。「骨盤底筋群」という尿もれをさせない筋肉を鍛えることができますよ。初めは少し難しいかもしれませんが、方法は簡単です!まずは挑戦してみましょう!